国内ドラマ、韓国ドラマ、アジアドラマ、海外ドラマなどいろんなドラマをご紹介♪ドラマニアのガーデンにようこそ!

ドラマニアのガーデン
トップへ 韓国ドラマ 中国・台湾ドラマ 海外ドラマ ラテンドラマ 国内ドラマ
国内ドラマ > あ〜さ行 > 医龍 Team Medical Dragon
国内ドラマ
あ-さ行 た-は行 ま-わ行 英数字他
医龍 Team Medical Dragon

医龍 Team Medical Dragon

◆出演:坂口憲二、稲森いずみ、小池徹平、北村一輝、阿部サダヲ、水川あさみ、池田鉄洋、千葉雅子、中村 慧子、YUKO・AIKO、佐々木 蔵之介、夏木 マリ、岸部一徳 ほか

朝田龍太郎、通称「医龍」(いりゅう)。かつて難民キャンプで世界レベルの救命医療チーム「チーム・メディカル・ドラゴン Team Medical Dragon」のリーダーだった男。そんな抜群の腕を持つ天才外科医が腐敗した大学病院の病巣に次々とメスを入れ、大きな権力に立ち向かっていく。病院と患者の闘い、リアルな問題描写、生と死の人間ドラマをかつてないスケールで描くメディカルドラマ。

医龍 Team Medical Dragon 第1話 神の手を持つ男

かつて難民キャンプで世界最高レベルの救命医療チームを指揮した天才外科医・朝田龍太郎(坂口憲二)。今は医師を離れ、破滅的な生活を送っていた彼の元に、明真大学付属病院胸部心臓外科助教授・加藤晶(稲森いずみ)が訪れる。次期教授の座を狙う彼女は教授選の武器となる論文のため、大学病院で最高峰の技術を要する心臓手術をしてみないかと持ちかける。龍太郎はその手術の名を聞いて・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第2話 神の手と悪魔の薬

当直を務めていた朝田(坂口憲二)と伊集院(小池徹平)は、女性の激しいうめき声を聞き病室へ行く。その患者・佐々木文子(加藤治子)は末期の肺癌患者で、抗癌剤のせいだという。その抗癌剤は、製薬会社が開発中の新薬の薬効データを収集するために利用しているらしい。それを聞いた朝田は担当医に抗癌剤投与の中止を進言する。一方、国籍不明の外国人が交通事故で運ばれ・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第3話 娘の心臓を守れ

朝田龍太郎(坂口憲二)は、亡くなった患者の家族に土下座する藤吉圭介(佐々木蔵之介)の姿を見かける。その患者は手術に問題はなかったが院内感染で死亡。藤吉はそれを、患者を外科に渡した自分のミスだと言う。そして加藤晶(稲森いずみ)からのバチスタ手術の患者のリストアップ要請に、自分の患者は一人も渡さないと言う。そんな藤吉には心臓の欠陥で入院している娘がいて・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第4話 教授が患者を殺す

当直中の朝田龍太郎(坂口憲二)や伊集院登(小池徹平)のもとに、不整脈を起こして倒れた少年が運ばれてくる。処置は無事に済むが、さらにそこへ2人の患者が不整脈で運ばれてきた。一晩に3人も不整脈の患者が運ばれてきたことを不審に思った朝田が調べると、いずれも明真大学付属病院及び、系列病院で使われている同じ会社のペースメーカーを埋め込んでいることがわかる。

医龍 Team Medical Dragon 第5話 バチスタ手術開始

朝田龍太郎(坂口憲二)は、加藤晶(稲森いずみ)からバチスタ手術の患者の候補が決まったと告げられる。ひとりは16歳の女子高生・村野里奈(東海林愛美)、もうひとりは55歳の主婦・奈良橋文代(江波杏子)。差し迫って手術が必要なのは文代なのだが、加藤は成功率の高い女子高生を選ぼうとする。しかし文代は、かつて明真大学付属病院で看護師長を務めていた人物だった。

医龍 Team Medical Dragon 第6話 バチスタ手術急転

朝田龍太郎(坂口憲二)たちによるバチスタ手術が始まった。人工心肺の装着が完了し、第一助手の加藤晶(稲森いずみ)は心停止液の注入を指示するが、朝田は心臓を止めずに手術すると宣言。見学室から見つめる医師たちは、なぜそんな危険を伴う方法を取るのかと騒然となる。そしていよいよ変性部位の特定へ。ここで患者の心臓に手を当てたまま朝田の動きが止まった・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第7話 絶対許せない男

朝田龍太郎(坂口憲二)や加藤晶(稲森いずみ)たちのチームによるバチスタ手術は成功。だが、翌日の新聞の紙面を飾ったのは霧島軍司(北村一輝)が北日本大学でアメリカとドイツの名医を助手にバチスタ手術を成功させたという記事だった。医局では朝田もバチスタチームももう終わりだと噂され、そんな中加藤は、里原ミキ(水川あさみ)と霧島とのある関係について聞かされ・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第8話 奇跡を起こす医師

朝田龍太郎(坂口憲二)はバチスタチームに加える臨床工学士と会うためにホテルに出向き、そこで霧島軍司(北村一輝)と偶然再会する。その頃明真大学付属病院では、バチスタ手術を巡る失態で加藤晶(稲森いずみ)が野口教授(岸部一徳)から次期教授に指名されないという噂が流れる。伊集院登(小池徹平)は荒瀬門次(阿部サダヲ)がバチスタチームに加わることに反対して・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第9話 バチスタ手術断念

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによる第2回バチスタ手術が始まった。加藤晶(稲森いずみ)は、野口教授(岸部一徳)が霧島軍司(北村一輝)を次期教授候補に推薦したことで、教授選に立候補すらできなくなるのでは、と噂される。荒瀬門次(阿部サダヲ)が加わったバチスタチームは、スムーズに手術を進行。そんな各メンバーの姿を見て、加藤はある決心をする。

医龍 Team Medical Dragon 第10話 この命は必ず守る

朝田龍太郎(坂口憲二)たちのもとに3人目のバチスタ患者として連れてこられたのは、生後9カ月の子供。朝田でさえも手術が困難な状態で、医局内では今度こそバチスタチームは解散だろうと噂される。一方、鬼頭教授(夏木マリ)が提出した教授選の改革案について、臨時教授会が開かれることに・・・。

医龍 Team Medical Dragon 第11話 最後のカード!!新バチスタ手術

朝田龍太郎(坂口憲二)たちは臨時教授会の時間を狙って、生後9カ月の患者の緊急手術を決行する。しかし患者は冠動脈瘤を引き起こしていた。手術を続ければ患者は術中死する可能性があることを知った加藤晶(稲森いずみ)は、やむなく手術の中止を宣言する。しかし朝田はバイパス手術を行い、続行すると言う。


医龍 Team Medical Dragon
>>医龍 Team Medical Dragon DVD BOX


| TOP | 韓国ドラマ | 中国/台湾ドラマ | 海外ドラマ | ラテンドラマ | 国内ドラマ |
inserted by FC2 system