国内ドラマ、韓国ドラマ、アジアドラマ、海外ドラマなどいろんなドラマをご紹介♪ドラマニアのガーデンにようこそ!

ドラマニアのガーデン
トップへ 韓国ドラマ 中国・台湾ドラマ 海外ドラマ ラテンドラマ 国内ドラマ
海外ドラマ > あ〜さ行 > アンドロメダ シーズン1
海外ドラマ
あ-さ行 た-は行 ま-わ行 英数字他
アンドロメダ シーズン1

アンドロメダ シーズン1

◆出演:ケヴィン・ソルボ、リサ・ライダー、ローラ・バートラム、ゴードン・マイケル・ウールヴェット、レクサ・ドイグ

はるか彼方の宇宙。3つの銀河系が統合した連合国家で人々は平和に暮らしていたが、叛乱により連合国家は崩壊。宇宙は一瞬にして無法地帯と化し、人々は混乱の渦中へと投げ込まれる。ディラン・ハント船長が指揮する宇宙船アンドロメダ号も、叛乱者たちの罠にはまり危機に直面しブラックホールへとひきずりこまれてしまう。それから300年の月日が流れた……。

アンドロメダ シーズン1 第1話「長い闇があける時」

ディラン・ハントは宇宙連合ハイガードが誇るアンドロメダの艦長。ハイガードは3つの銀河にまたがる星系に暮らすさまざまな生命体の発展と平和維持に貢献する存在だ。しかしある日、アンドロメダは遺伝子操作で戦闘能力を高めたニーチアンという種族に攻撃される。全てのクルーを脱出させ、ディランはブラックホールの「時の遅れ」現象でフリーズしたまま船内に残されしまう。そして300年後、ベカ・ヴァレンタインのサルベージ船ユーレカ・マルに救出される。ユーレカ・マルのクルーはアンドロメダを売って儲けようと考えていた……。

アンドロメダ シーズン1 第2話「希望の光」

ジェレンテクスに雇われ、アンドロメダを乗っ取るために乗り込んできたティア達を相手にディランとアンドロメダは戦う。しかしディランは敵を傷つけないように捕らえて冷蔵カプセルで眠らせたり、爆弾を仕掛けても爆発する前に警告して避難させたり……という戦法を取っていた。そんなディランの態度に、トランスは彼をそっとして艦から出て行くべきだとべカたちに話すが、ジェレンテクスに撃ち殺されてしまう。怒ったベカ達は、密かにジェレンテクスを倒すことを決意し、好機を伺う。一方、ジェレンテクスは、自分のものにならないアンドロメダを誰にも渡さないために再びブラックホールへと押し出そうとするが……。

アンドロメダ シーズン1 第3話「死の閃光」

アンドロメダ号は物資の補給のため、ガードステーションに立ち寄る。そこには、口承で伝えられた指令「閃光の日」を守り、マゴーグの攻撃に耐えながら、ハイガードが来る日を待っている子供たちがいた。彼らは、どこからか漏れてくる放射能が原因で、大人になる前に死んでしまう運命を負っていた。ディランとベカは、デッキに格納されているスリップファイターに搭載されたノヴァ爆弾が放射能漏れの原因であることを突き止め、デッキの扉を開いてしまう。子供たちは300年の間に本来の意味が変わってしまった指令のためにそのノヴァ爆弾を使い、マゴーグの住むディヘドラ系を消滅させてしまった。

アンドロメダ シーズン1 第4話「D・マイナス・ゼロ」

正体不明の敵によって攻撃を受けたアンドロメダ。クルーの危険を省みず、敵と交信しようとするディランにベカは反発。ティアもディランに反感を抱く。追いつめられた彼らは太陽のコロナに身を隠すが、太陽の放射線でハーパーは瀕死の状態に陥る。ディランはハーパーの作ったFMSを使い、ユーレカ・マルをアンドロメダに見せかけおとりにしようと提案。クルーたちを救うため、べカはユーレカ・マルに乗り敵の前へ。その間にアンドロメダが敵を撃退。べカもティアもディランの手腕を認めるのだった。

アンドロメダ シーズン1 第5話「二重らせん」

アンドロメダはアステロイドベルトで攻撃を受けている偵察機を救助する。ニーチアンの海賊オルカ一族がタンの偵察機を攻撃していたのだ。50年にも及ぶ敵対関係にあるタンとオルカ一族を和解させ、連合の仲間にしようとしたディランは両者の和平交渉に乗り出す。オルカの長、グデリアンは話し合いに応じるが、罠を察知したティアは一人小惑星に乗り込み、銃弾の嵐を受けるが、機転を利かせディミトリを人質にとり、アンドロメダからプラズマキャノン砲の照準を外すように要求する。これを見たオルカ一族のフロイアは、ティアこそが自分の夫にふさわしいと言い、ティアは一族に迎えられることになるが……。

アンドロメダ シーズン1 第6話「闇の天使 光の悪魔」

アンドロメダのクルー不足に危機感を覚えたティアとベカは、トランスもワープ航法が出来るよう訓練を行う。ところがワープ中、トランスのミスで300年前の世界にタイムスリップしてしまう。そこは、連合とニーチアンが雌雄を決した「魔女の顔の戦い」の場だった。ハーパーはこれから行われるであろうニーチアンによる地球支配を防ぐため、密に星雲内で爆発を引き起こす仕掛けを作り始めた。しかしディランは時の流れに逆らってはいけないと、アンドロメダの修理がすみ次第、元の世界に戻ろうとする。しかし自分たちの出現が既に歴史を変えてしまったことで、ハーパーの仕掛けを使う決断をする。

アンドロメダ シーズン1 第7話「絆」

ウェイストの特使艦オーム・シャンティからのSOSを受信したレヴ。通信はウェイストから尊敬を集めるカルサ殿下からだった。攻撃を受けたというカルサをディランはアンドロメダに収容する。そのカルサと共にベカの兄、レイフ・ヴァレンタインが僧の姿で現れる。彼らは星の生態系を守ろうとするテロ集団と、それに反発する自由貿易同盟との和平へと向う途中、何者かに攻撃を受けたと言う。ベカは常に人をだましてきた兄の変貌に最初は疑惑を抱くが、徐々に彼の改心を信じていくのだった。

アンドロメダ シーズン1 第8話「思い出への橋」

連合復活への協力者を得るために、ペルセウス星人の実験に協力するアンドロメダ。彼らは宇宙の波動関数図を作り、超光速での移動を可能にしようとしていた。300年前の世界で、アンドロメダをブラックホールから引き揚げに来たディランの恋人サラの乗るスターリー・ウイズダムと回線がつながる。ディランは、お互いの姿を見つつ触れることのできないもどかしさから、回線を通じ300年前の世界へ自分を転送し、サラを未来に連れて帰ろうと目論んだ。過去の世界への転送は成功するが、その直後ウイズダムをドラゴ・カゾフの攻撃が襲う。同時に300年後の世界でもアンドロメダが攻撃を受けていた。

アンドロメダ シーズン1 第9話「灰の中のバラ」

連合への加盟を求め、アラジアを訪れたディランとロミー。しかしアラジアの評議員から政府に対する反逆罪で無期懲役を受け、更正センターへと送られる。そこではケー・リーが率いるギャング達が囚人を支配していた。アンドロメダに残ったベカ達は二人が捕まったことを知り、何百という星の中から収容先を突き止めようとする。一方ディランたちは、ひょんなことからアウトサイダーで、さまざまなものを作る才能があるジェサと出会う。しかしジェサは不法に武器を作ったとして、刑務所長に捕まってしまう。ディランはジェサを助けるため、ケー・リーに助けを求めるが……。

アンドロメダ シーズン1 第10話「海の民」

連合憲章の話し合いのため、アンドロメダにカスタリア共和国から大統領や高官達が招かれた。ところが共和国建国の際のニーチアン大量虐殺について、ティアは大統領を責めたが、カスタリア側は事故と主張。憲章へのサインをする代わりにティアの謝罪を求めた。ところが謝罪の席で、大統領は暗殺され、ティアも意識不明に陥る。真相を解明すべく調査が開始され、ティアのフォースランスがロミーによって遠隔操作されていたことが判明する。しかし納得できないハーパーは、徹底的な調査を開始する。

アンドロメダ シーズン1 第11話「父の宝」

3年前に送信されたメールがアンドロメダに届く。それはべカの父の仕事仲間、シドがベカに助けを求めるメールだった。ディランはべカに5日間という期限付きで、シドを捜しに行くのを許す。名前を変えて、大手運輸会社の社長となっていたシドは、べカの父親が持っているはずの自分に関するファイルを買い取ろうと持ち掛ける。そのファイルとはドラッグの密輸にからみ、シドが犯した殺人現場の映像だった。そんなシドの元からユーレカ・マルで何とか逃げ出したベカだが、ユーレカ・マルはシドによって太陽に突っ込むようプログラムされていたのだった。

アンドロメダ シーズン1 第12話「A.I.の涙」

トランスが置き手紙を残し、勝手に休暇を取ってしまう。怒るディランをベカはハイガード艦の引き揚げに誘う。彼らを待ち受けていたのは、黄金に輝くパークス・マジェラニックだった。艦の中ではクルー達が変わらぬ姿で生きていた。艦の指揮をとるピアース中尉によると、艦長であったウォーリックは死んでしまったが、クルーたちは惑星破壊の際にニーチアンが使った武器の副作用で当時の姿のまま生きているという。だがティアは惑星を破壊できるニーチアンの武器の痕跡がないことに気づく。ロミーもまた、パークスの反応がないとの疑問を抱き、A.I.へのアクセスを続けていた。

アンドロメダ シーズン1 第13話「遥かなるドラムの音」

惑星ミッデンに暮らすイヴェインとその義息ブレヨン。ある日、二人の家の近くにユーレカ・マルが不時着する。中に乗っていたのは記憶を無くしたティアだった。二人に介抱されたティアは、この星がドラゴ・カゾフ族に支配されていると聞かされる。自分が何者かを知るためにユーレカ・マルのデータを見るティアだったが、そこに残されていたのは偽造データだった。そしてユーレカ・マルの中で最初のニーチアン、ドラゴ・ムセヴェニの棺を見つける。ティアはこれを奪いにドラゴ・カゾフの星に行き、攻撃を受けたのだった。

アンドロメダ シーズン1 第14話「ハーパー2.0」

物資を調達したべカとハーパーの乗るユーレカ・マルに瀕死のペルセウス星人が漂着する。彼は過去の歴史を記録したデータを、ハーパーのデータ・ポートに残して死んでしまう。賞金稼ぎのイェーガーは、この記録データを入手すべく接触を試みるが、データが紛失していると知りハーパーを狙い始める。脳へ膨大なデータを転送されオーバーロード状態のハーパーはマゴーグによるブランデンブルクの虐殺記録のために悪夢に苛まされ、レヴを襲い始める。記録データの一部ダウンロードに成功したディランは、謎の物体「エニグマ」がマゴーグに虐殺の指示を与える映像が映っていることを知る。

アンドロメダ シーズン1 第15話「未来の開拓」

艦の修理部品購入のため、ディランとトランスが立ち寄ったシグマ・タウ・ファイブ。そこでディランは襲撃を受け拉致されてしまう。メビウス星内の法廷に連行されたディランは、300年前に起こったフェリン大統領暗殺を認めるように詰め寄られる。メビウス星の支配者ベニトリが現れたのを機に、真相が明らかに。当時ディランは他地域への侵略行為を続ける大統領を連合での裁判を受けさせるため、誘拐。当時案内役のベニトリは誰一人殺さなければ、大統領逮捕に協力すると約束した。しかしディランたちは任務遂行の過程でやむを得ず、警備兵そしてフェリンまでも殺してしまう。

アンドロメダ シーズン1 第16話「部品の力」

アンドロメダのハンガーに入った部品が、クルーの目の前でロボットへと形を変えた。HGと名乗るそのロボットは「部品同盟」からの特使で管理ユニットに会って欲しいとアンドロメダに告げる。申し出を受け、管理ユニットであるVXと会ったディランは部品同盟への加盟を断ってしまう。任務を終えたら元の部品に戻るのが同盟の決まりだというHGは、アンドロメダのクルーたちに形見として自分の一部を渡し、部品へと戻るが、生きていたいという思いが芽生え、アンドロメダのシステムに侵入を始める。アンドロメダの機能が侵されていく中、ディランはHGを説得し、共にVXを倒そうと要請するのだった。

アンドロメダ シーズン1 第17話「銀河に漂う恐怖と憎悪」

連合の親善のためにタンドラ・フラワーを配るハーパーとトランス。彼らの前に、借金のため賞金稼ぎのリーパーに狙われているジェレンテクスが現れ「ペルセウス星人の冒険家ハスチュリの日記を探せ」と銃を手に二人を脅迫する。日記にはターン・ベドラへの道が記されており、そこに行けば富と名声が手に入ると言うのだ。ペルセウスに着いた3人は情報を受け取るための金をカジノで儲けるが、カジノの用心棒たちにも追われることに。一方アンドロメダでは、シンティ・フォーのペルセウス星人の一部が連合への協力に反対し、ディランとベカはその説得に乗り出していた。

アンドロメダ シーズン1 第18話「悪魔の力」

すい星が衝突したピューティアーへの救援に向っていたアンドロメダにレヴの師匠タデウス・ブレークからのメッセージが入る。人身売買を行う闇商人から助けて欲しいと。救援はべカたちに任せ、ディランとレヴはユーレカ・マルでハジーラへと向かう。ディランは人々に護身術を教えるが、ブレークは反対だった。何故ならハジーラの人々は先祖代々の記憶をそのまま受け継ぐという特殊能力があり、一度殺人を覚えれば、子孫に受け継がれるからだ。そんな中、闇商人たちの襲撃を受け、ブレークが命を落とす。ティアマは、自分の命と引替えに自分がマゴーグの子を産み、ハジーラを守ろうと言うのだが……。

アンドロメダ シーズン1 第19話「戦略結婚」

二つの惑星系を戦場に争うニーチアン一族サブラとジャガーは、戦略結婚を機に同盟を結ぼうとしている。サブラからジャガーへ花嫁を送り届ける役目を引き受けたディランの元にやってきたサブラの長の娘エルゼベットは、生粋のニーチアンで他の部族を見下していた。アンドロメダは、エルゼベットをジャガー族へ送る途中、二つの部族が同盟を結ぶことで対抗勢力が大きくなることを危ぶんだドラゴ・カゾフの襲撃を受ける。ディランはユーレカ・マルでエルゼベットと脱出。しかし、エルゼベットの本当の目的がジャガー首脳陣の暗殺であることを知り、デュランはそれを止めようと説得する。

アンドロメダ シーズン1 第20話「悲恋」

レストリアンの攻撃で旅客船が撃沈される。避難ポッドを回収したディランたちは、ガブリエルというアンドロイドを発見。彼の世話をしているうちにロミーはガブリエルに惹かれていく。同じ頃、アンドロメダに自由貿易同盟から送られたというシュラたちが接触してくる。レストリアンと戦うなら手を貸すというのだ。シュラたちから見せられたレストリアンの戦艦データ、それは連合の艦隊、バランス・オブ・ジャッジメントのものだった。ディランはこの戦艦と戦う決意をする。一方、バランス・オブ・ジャッジメントと交信するガブリエルの正体は連合の戦艦、バランス・オブ・ジャッジメントの化身だったのだ。

アンドロメダ シーズン1 第21話「心地よき光射す」

ディランの誕生日にクルーたちはサプライズパーティーを開く。ベカはディランの故郷ターン・ベドラまでの航路図をプレゼントし、故郷への旅を提案する。しかし、そのルートはパイロットにとって、あまりに過酷なものだった。それを心配しながらもディランは、ターン・ベドラに向かう決心をする。過酷な航海の中、ベカは必死で操縦を続けたが、体力の限界からワープ空間での反応を高めるためにフラッシュを使い、その所為で徐々に精神が侵されてしまう。それに気づいたディランはベカを操縦からはずし、軟禁するのだが……。

アンドロメダ シーズン1 第22話「時めぐりくれば」

ハーパーがアンドロメダのメンテナンスをしている最中、バックアップが復活してしまう。ディランと知り合う前の状態に戻ったアンドロメダは、クルーたちを侵入者と判断し、バックアップ時に実行中だった作戦を引き継ぎ始めた。その作戦とは、マゴーグたちの住む星へのワープ航路の開拓だった。ワープを繰り返すアンドロメダはマゴーグの星へと到着する。アンドロメダにも次々にマゴーグが侵入し、ディランは深い傷を負い、ハーパーとティアは瀕死の状態でマゴーグの手に落ちる。そこにマゴーグの星からアンドロメダを貫くレーザーが撃ち込まれた。果たしてアンドロメダとクルーの運命は……?



アンドロメダ シーズン1
>>アンドロメダ DVD BOX

| TOP | 韓国ドラマ | 中国/台湾ドラマ | 海外ドラマ | ラテンドラマ | 国内ドラマ |
inserted by FC2 system